空き家対策|神戸市中央区で不動産売買なら『東光不動産』へ。阪急「春日野道」から徒歩5分。阪神「春日野道」から徒歩2分。

  • 0785855551

    営業時間 10:30〜18:30 / 定休日 年中無休

  • お問い合わせ

※電話が繋がらない場合は携帯:080-4866-1478 にお電話ください。

空き家対策

空き家対策について

住まいを処分するのにも費用がかかります。そのため、住むことのなくなった家は放置され、空き家が増えてきているということが問題視されています。
空き家を放置していると様々なリスクを負うことにもなりますので、適切な管理を行うことが望ましいです。解決する方法もいくつかあり、売却や賃貸物件とする等、状態が良ければ色々な活用方法が見えてきます。

空き家を放置した場合のリスク

住まいの老朽化が加速する

  • 窓が開閉されなくなることで通気性が悪くなり、湿気が充満しカビも大量に発生してしまう
  • 湿気が部屋にたまり、畳みやタンスなどの傷みが進む
  • トイレやキッチン・バスルーム等の水廻りから水分が蒸発し、悪臭が生ずる
  • 建物の老朽化により外壁が剥がれ落ちるなどの危険が生じ、近隣への迷惑にもなる

犯罪・いたずらが行われる

  • 空き巣に遭うリスクが高まる
  • 空き家であることが知れると、犯罪者等に不法利用される
  • 落書きをされる可能性も高くなる
  • 放火に遭うリスクも高まる

景観の悪化

  • 建物の老朽化が進むことで、周辺の街並みの景観を悪くさせてしまう

損害賠償を請求される恐れ

  • 外壁や瓦の落下により第三者に損害を与えた場合、生じた損害につき損害賠償の請求をされる可能性がある

空き家問題を解決する方法

売却をする

空き家を放置してしまうのではなく、希望する価格を付け買主が現れるまで待つというのも解決する方法の一つです。ただし時間がかかることもありますので、できるだけ早く売りたい・手放したいと考えるのであれば、希望価格を抑えるなどして調整してみましょう。
価格設定については、土地の条件などから相場を出すことができますので、周辺の物件とのバランスも考慮しながら検討してみましょう。

賃貸物件にする

すぐに売却をするという判断もできないかもしれません。相続した財産であれば、親や兄弟との話し合いも必要になるかもしれず、とりあえず残しておきたいと考えることもあるでしょう。しかしこの場合でも、そのまま放置してしまうと空き家としてのリスクを負うだけでなく、税金の支払いなどもしなければなりません。
当社にご依頼いただければ、賃貸物件として商品化が可能かどうか見極めることもできます。そのほか、妥当な賃料がいくらなのか、といったことも一緒に検討いたします。

適切な管理をする

現在空き家となってしまっているが売るわけにはいかず、賃貸物件として他人に貸すこともしたくないという状況も珍しくありません。そこで、そのまま住まいを維持していくことになりますが、この管理もご自身でするのは大きな負担となります。定期的な清掃だけでなく、ときにはゴミが投げ込まれてしまうこともありますので、そのような場合にはトラブルを防止するよう対策を施さなければなりません。
当社にお任せいただければ、ご予算に応じた維持・管理をさせていただきます。